石鎚山「お山開き大祭」の終了祭がありました☆彡

7月1日より、西日本の夏の風物詩として知られる石鎚神社の伝統神事「お山開き大祭」が石鎚山で始まり、全国から多くの信者や登山客を迎えました。

3体の御神像を先達が背負って、石鎚山の頂上へ駆け登る。山頂の石鎚神社奥宮頂上社に到着すると、「ご神像拝載」と呼ばれる神事が行われ、1年の無病息災と家内安全を祈願します。

 

そして本日終了祭が、7合目の石鎚神社中宮成就社で行われ、信者たち約500人が山頂に10日間、鎮座していた3体のご神像を迎えました。

大祭期間中は、全国から約3万人が石鎚山を訪れたそうです。

 

 

 

up date:2017/07/11, category:お知らせ

ページTOPへ